これでバッチリ♪ 大切なカメラやレンズのお手入れ方法

写真を撮り終えた後、カメラをそのままにしていませんか?

実はカメラやレンズは定期的なお手入れが必要です。

ホコリや汚れが付着したままだとレンズにカビやクモリが出たり、センサーにゴミが付いて写真に写り込んだりと大変なことになります。そうならないためにもカメラやボディをきれいに掃除してから保管しましょう。

お手入れをしてあげることで大切なカメラやレンズをトラブルから守り、長く使っていただけるようになります。

カメラ・レンズの掃除用品

カメラ買取

・レンズクリーニングリキッド
・レンズクリーニングペーパー
・クロス
・ブロアー
・綿棒

初めて買い揃える方は、カメラ屋さんで必要なものが揃ったクリーニングキット(1,000円ぐらい〜)がお買い得です。

ボディの掃除方法

まずはボディの電源をオフにしてレンズを外し、ボディキャップをつけてください。次にブロアーで全体のホコリを吹き飛ばします。

ダイヤル部分の細かいところやファインダーの周りは乾いた綿棒で拭いてください。ボディキャップを外したカメラ内部はセンサーやシャッター幕があり、繊細な部分です。初心者の方はブロアーでホコリを飛ばす程度にしておきましょう。

カメラ買取

ブロアーの先もカメラ内部に入らないよう注意し、ホコリが落ちやすいようにカメラ内部を下に向けて吹きつけてください。

ボディキャップを閉めたら、クロスで液晶画面を含め全体を優しく拭いてください。

 

カメラ買取

最後にカメラの設定からセンサークリーニングを実施しましょう。

センサーのホコリはこれである程度は除去できますが、使用頻度の高い人はこれだけでは取れない汚れも出てくるかと思います。

下の写真の様に、黒い点のような汚れが付いている場合、センサーの汚れの場合もありますので、メーカーのサービスステーションかカメラ販売店に依頼しましょう。

カメラ買取

 

レンズの掃除方法

カメラ買取

ボディと同様、まずブロアーで全体のホコリを吹き飛ばします。ホコリが付いたままレンズを拭くとキズの原因になってしまいます。ボディもレンズも必ず先にブロアーでホコリを飛ばしてください。

ズームレンズの場合、レンズを伸ばしブロアーの風を当てるときにレンズの前側に向かって風を当てましょう。反対側から風を当てるとズームリングのすき間からホコリが入ってしまいます。

 

カメラ買取

次にレンズクリーニングペーパーでレンズの表面を拭いてください。

汚れがひどい場合はペーパーにレンズクリーナーリキッドを数滴つけ、レンズ中心から外側に向かって拭いていきます。前と後ろ両方とも同じ方法で拭きます。リキッドの拭きムラは乾いたペーパーで何度か拭いてください。

ボディとの接合部のマウント部分は乾いた綿棒で拭いてください。レンズフードやレンズキャップもホコリがたまっていますので、こちらもブロアーで清掃してくださいね。

 

カメラ買取

外で撮影中にレンズが汚れてしまった時にはレンズペンがオススメです。
ブラシと反対側にカーボン粉末のついたクリーニングチップがついていて、これ一本で簡単に汚れが落とせます。安くて長持ち、コスパが良いのでずっと愛用しています。

 

保管方法

掃除が終わったらカメラやレンズは防湿庫ドライボックスへ入れて保管してください。防湿庫だと電子制御で温度、湿度の管理ができ最適な環境で保管ができます。

ドライボックスなら密閉容器に除湿剤を入れて保管でき、場所も取らないので機材が少ない人にオススメです

カメラバックに除湿剤を入れて保管している人もいますが、それでは密閉されていないので湿度管理が不十分でカビが生えやすい環境になってしまいます。

長期間使わない場合は時々外に出してズームリングを動かしたり、カメラのシャッターを切ったりと動かしてあげてください。そうすることでレンズ内部に滞留した空気が入れ替わるのでカビやクモリの防止になります。

 

お手入れをサボったらどうなるか…ちょっとコワイお話

カメラ買取

これは私の体験談です。
初めて買ったフィルム一眼レフのペンタックスMZ-5(1995年発売)にレンズはSMC PENTAX FA 28-70mm F4 AL。
当時はお手入れの仕方も保管方法も知らなかったので、カメラバックに入れて部屋に置きっ放しにしていました。

数年後、久しぶりに使ってみようかと取り出したらレンズに汚れが。レンズ内部が汚れているようなので、近所のカメラ屋さんに持って行くとカビだと言われびっくりしました。

写り込みもしなかったのでその後気にせず使っていましたが、数年後またまた久しぶりに出してみると...


さらに悪化してます!!

もはや全体にクモリとカビのようなものが!!

これには本当に驚きました。初めて購入したレンズということもあり大事にしていたつもりでしたがこんな結果に…この経験があってから定期的なお手入れとドライボックスでの保管に気を使うようになりました。

レンズ内に入ったホコリは絞り込んだ場合に写真に写り込んでしまうことがあります。雲ひとつない空を撮った時などにホコリの写り込みが目立って気づく場合が多いです。

クモリの場合は写真にモヤがかかって画質が損なわれてしまいます。レンズ内部のホコリやカビ、クモリで修理に出すと何万円も費用がかかってしまったり、修理不能の場合もあります。

大切なカメラとレンズを長く安心して使っていただけるよう、日々のお手入れをぜひ始めてみてくださいね。

 

 

カメラ、レンズ買取を依頼するなら宅配買取の「カメライオン」が便利♪ LINE、メール査定を無料で実施中
カメラ買取 宅配